コンプレックスは体にあるほくろの多さでした…ほくろを消す方法

あなたは体にあるほくろについての悩みを抱えてはいませんか?

ほくろがあることで美容やおしゃれの邪魔だなぁと感じたり、人から持たれる印象が自分で思ったものではないなどで悩んでいるとそれが大きなコンプレックスになってしまいます。

気になるほくろがあることで笑えない、人の前に出たくない、自分に自信が持てないなど。

そこで今回は、コンプレックスは体にあるほくろの多さでした…ほくろを消す方法についてご紹介します。

その体にあるほくろは無くし消すことができるのです。

あなたのコンプレックスを根本的に解消させてしまう素敵な方法ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは、ほくろに悩む女性の話しから聞いていただきましょう。

私は小さい頃、ほくろに悩んでいました

私のほくろはかなり大きく、目立つ為今も言われている事が多いです。

子供の頃はよくほくろというあだ名で呼ばれていました。

元々ほくろが出来やすい体質らしく、大人になってからも毎年体のどこかに、大きなほくろが見つかります。

本当はほくろは皮膚がんにもなりやすいので除去した方が良いとは言われていますが、曖昧な情報しかないので怖くて除去する気には中々なれません。

顔の目立た所にも未だにあるので、大人になってからもほくろに関して言われています。

ほくろによって辛い思いもしました

一度心ない人からは体のほくろを数えるという、ちょっとした嫌がらせを受けた事があります。

本人からすれば嫌がらせのつもりはないのでしょうが、されている身としてはいつも嫌な気分でした。

しかも都市伝説的なもので、体のほくろを数えると増えるというものらしいです。

ほくろの大きさや多さを気にしている事はその人には言っていたのですが、凄く不愉快でその人には何もしたくないと思いました。

その人からしてみれば単なるからかいのつもりだったのでしょうが、私よりも遥かに年上なのに、凄く良識がない人だと感じました。

何度もやめてくれとは言っていたのですが、やめる気はなく凄く気分を害しました。

そのせいか分かりませんが、ほくろはしばらく増えていった気がします。

その時は微妙に恨んでしまいましたが。大人になってからほくろは目立たない場所にあるのですが、やはり大きいので鏡越しで見るのが嫌でした。

小さいものならともかく、毎回大きいので凄く嫌です。

一応日焼け止めを塗ったり、日焼け対策などはしっかりと行ってはいるのですが、あまり効果がないのか気が付くとほくろが出来ていたりしています。

やっぱりほくろだらけの顔だと、汚い様な気がして人前に顔をさらすのがとても恥ずかしい時があります。

辛い思いから卒業をしましょう!

体にあるほくろで悩んでいる女性の切実な悩みはいかがでしたか?

きっとあなたも同じ思いを抱えていますよね。

そんな辛い気持ちから卒業し、コンプレックスを解消させましょう。

レーザーを使ってほくろを無くすことが出来ることをご存知ですか?

ほくろで悩む女性は知っていてもなかなか実践することができないという話しを良く聞きます。

それは、

・痛いのではないか
・跡が残ってしまうのではないか
・誰にもバレずに施術が出来るだろうか
・費用が高そうだなぁ

このように思うことで、ほくろをレーザーによって除去することに躊躇しています。

しかし、そのコンプレックスがなくなった時のことを想像してみましょう。

笑顔も今以上に見られて、友人や未来を共に歩く伴侶との巡り会いも叶えることができますし、何よりも辛く下を向いて歩くようなことがなくなります。

素敵な一歩を踏み出す勇気をここで出しましょう。

そんなほくろのレーザー除去をしてくれるのは池袋サンシャイン美容外科です。

施術は部分麻酔を使用しますので痛みはなし、時間も5分ほどの短時間でそのコンプレックスを無くすことになります。

もちろん、除去したほくろは病理検査をしてくれますので癌などを心配している人にも安心ですね。

そして何といっても保険診療ですので何十万円なんてことにはなりません。

様々な角度からの安心を手に入れることができますよ。

池袋サンシャイン美容外科の詳しい情報や無料カウンセリングは下記をクリックしてお進みください!




ホクロ除去を保険診療にてお安く!【池袋サンシャイン美容外科】


これで一つ女性のコンプレックスを解消し、より素敵な人生を歩むことができますね。

質問やお問い合わせもお待ちしておりますので、お気軽にメッセージくださいね!

投稿者: sakura

管理人の桜と申します。 様々な女性と出会ってきたことで、女性には多くのコンプレックスを抱えて生活をしている方がたくさんいることを学びました。 コンプレックスは女性の自信を失い、輝きをなくしてしまいます。 少しでもコンプレックス解消・軽減のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す