やっぱり子供を産んでおけば良かったかなあ…人生に後悔を感じているコンプレックスには

今回はある女性のコンプレックスをご紹介します。

その女性のコンプレックス、40歳を目前にして思うこと、それはやっぱり子供を産んでおけば良かったかなあ…ということです。

子供を産むのに年齢のリミットが近づいて来た今、とても強くそう感じているようですよ。

では、早速いきましょう。

女性として同じコンプレックスでお悩みの方は、最後にあなたにとっておきの解消法をお伝えいたしますよ。

多くの女性が悩みから開放された実績のある方法です。

子供を産めばよかったと後悔する女性の話

もともと、そんなに子供が好きなタイプではなく、20代の頃には子供なんか産んだら、自分の自由がなくなる!くらいに思っていました。

しかし40歳近くになり、自分自身の成長をここ暫く感じないな、と思った時、「ああ、ここからの成長は子供がいたら違うのかも」とふと思ったのです。

周りの友達も子供がいる人が増え、みんな母親、父親として、新しいステップに突入するのを見てきました。

子供という守るべきものができた時に、皆多かれ少なかれ何かしらの変化を迎え、子供を育てる覚悟を持って日々生きているのを見て、自分だけがその変化や覚悟を体験できないのだということに、モヤモヤとした後ろめたさみたいなものを感じています。

そのため、子供のいる友達とはなんとなく疎遠になってしまっています。

それなら産めばいいじゃん!という話ですが、私及び同居の彼の様々な状況から、最後のタイミングであろう今、産むという決断はやっぱりできそうにありません。

最近では、子供を持たない生き方について、積極的に考えるようになってきました。

子供を持たないということは、将来的に一人になってしまうということを意味します。

でも、それって私だけじゃありません。

ちょうど今の職場には私と同じ年齢で、やはり今後も子供を持つことはなさそうな同僚がいます。

その同僚とは、将来どうする?みたいな話をすることがよくあります。

今はお金を貯める以外の結論を持てないのが実情ですが、私たちみたいな子供を持たない決断をした人たちが、楽しい老後を迎えられるような、何かを考えられればいいな、と思っています。

また、今はとてもそんな余裕はないですが、将来的には養子とか里親とか、未来を支える子供や若者に関わるやり方も何かあるのではないのかな、とぼんやり考えています。

そのために今できることは、まずお金を稼ぎ、安定した基盤を持つことです。若くなくなってきて、働くことも大変ですが、前向きに生きていきたいなと思っています。

レポートを読んでの感想

さて、後悔をしながらでもそれでも前を向いて歩いていこうとする女性の気持ちが手に取るように分かるレポートでしたね。

確かに前向きな姿勢ですが、後悔の念が滲み出ています。

きっと、この女性はこれからも何度も「どうして子供を産まなかったのだろう」「私だけ子育てを経験していないなんて…」という気持ちになってしまうことでしょう。

しかし、子供を持つことだけが人生ではありませんし、幸せとも違いますよね。

子供を育てている女性から見ると、子供を産まない決断をした女性をかっこいいと思ったり、強く自分を持った女性なのだろうと尊敬の眼差しで見つめていることもあるのです。

人生のうちには後悔することはたくさんあります。

どんな人でも「あの時にこうしていれば」という思いを抱くものです。

しかし、そのことで下を向いて歩いていってしまっては、たった一つの選択ミスで人生が詰んでしまった!なんて感じて欲しくありません。

実は総じて子供を持たない人には他の試練が与えられているのです




子供を持たないと判断をした人は実は運命にそのように導かれているのです。

子供を持てない状況になったことも、実質的に妊娠が出来ないことも、その人には子育てではない試練が人生に課せられています。

その試練が何かを知ることであなたの心の負担を軽くすることができるとは思いませんか?

試練を知ることで、人生に自信を持ち意味をもたらすことができますよね。

では、その試練を知る方法です。

あなたが背負った試練は本物の占い師に鑑定をしてもらいましょう。

全国各地で有名な本物の占い師を揃えた、【電話占いヴェルニ】があります。

占い好きなら名前も有名な先生ばかりが揃っていることで、信頼できる【電話占いヴェルニ】です。

登録は無料で行えますので、ぜひサイトを訪れてみてください。

あなたの後悔をなくすために、あなたの都合で簡単に行える電話占いを活用しましょう。

【電話占いヴェルニ】の無料登録と詳しい内容は下記をクリックして進んでください!


(>_<)幸せになりたい!
占いで悩み解決☆


あなたが子供を産めば良かったという悩みに対するコンプレックスをなくし、女性としてより魅力を手に入れて豊かな生活を目指していきましょう。

投稿者: sakura

管理人の桜と申します。 様々な女性と出会ってきたことで、女性には多くのコンプレックスを抱えて生活をしている方がたくさんいることを学びました。 コンプレックスは女性の自信を失い、輝きをなくしてしまいます。 少しでもコンプレックス解消・軽減のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す