嫉妬深いことは損だと分かっているけれど…どうしてもやめられない

いつも私の嫉妬深いことで恋愛を終わらせてしまう。

もう嫉妬をしてはダメだと分かっているのだけれど、どうしてもやめることができない…

嫉妬深い事は、絶対に損だ!嫉妬深い自分は彼に嫌われてしまう!だからやめよう!と思っても簡単に辞められたら、今あなたはこのページにたどり着いてはいません。

彼を思うあまりに心配で…

自分に自信がないことで不必要な嫉妬をしている…

きっと、嫉妬深い女性は自分の嫉妬深さに気付いているからこそ、悩みも深いものとなっていることでしょう。

そんな悩める女性の嫉妬深いというコンプレックスの解決を目指してお話をしていきますね。

恋愛で嫉妬深くなる原因

恋愛において嫉妬とは「愛があるからこそ起こり得ることである」「愛情が大きいほど嫉妬をしてしまうものだ」という人がいますが、恋愛ゲームをしている際にはあながち間違いでもありません。

軽い恋愛、楽しいだけの恋愛では、嫉妬も一つの駆け引きや計算なのです。

しかし、真面目な恋愛や将来を見据えた恋愛での必要以上にしてしまう嫉妬についてはちょっと違う見解を持っておかなければいけませんよ。

潜在意識が関わっていることを理解しましょう。

潜在意識ですのであなたが直接脳で考えての行動では説明が付かないことはあります。

あなたの考えではあるけれど、半分は違うもっともっとあなたの底の方での考えであることですので、今のあなたとは関係のない感情の場合もありますよ。

物ごころが付く前の感情での意識であったり、生まれる前から持っている前世から現世に持ち込んできた感情や意識のこともあります。

そんな難しいことでもなく、あなた自身が気にも留めなかったことでも意識の中では気にしていてそれが嫉妬深い感情に結びついていることだってあります。

例えば、何となくぼぉっと見ていたテレビ番組で「男性は気に行った女性を目で追っているのは気のある証拠である」なんてことを言っていたとします。

その時にあなたは「へぇ」と半信半疑で聞いていたとしても、意識の中では半信半疑どころではなく、「気のある証拠」であることを100%信じていることで、彼のちょっとした行動でも嫉妬をしてしまうことがあります。

本当に自分が考えていることが分からないって辛い!

嫉妬をすることや嫉妬深いあなたの行動からの彼とのやりとりは、不必要な嫉妬さえなくなってしまえば面倒なことはなくなります。

しかし、どうして嫉妬をしてしまうのか、彼を困らせてしまうほどの嫉妬をやめられないのはなぜなのか自分でも分からないのですよね。

きっとその状態が一番つらいことだと思います。

自分で自分をコントロールすることが出来ないのですから、そんなことが続いていては恋愛は上手くいかず破局を迎えてしまいますよね。

そこで、自分が潜在意識の中で何を考えているのかを知る方法があります。

嫉妬をする本当の原因や嫉妬深いことで恋愛がうまくいかないことへ終止符を打つことに繋がりますよ。

人の心や潜在意識を読むプロ




占いを生業にしている占い師は言わずと知れた人の心や潜在意識を読み解くプロです。

日本各地に有名な占い師がいるのですが、その方々を一挙に集め私たちがコンタクトを取ることを簡単にしたのが電話占いヴェルニなのです。

電話占いヴェルニは登録が誰でも無料で出来ることから、会員数10万人を超える大きな占いの館サイト版です。

全国の有名な占いの館5店と提携をしていることで電話占いヴェルニに在籍している占い師は280人以上の巨大な館となっております。

占いにより的確なアドバイスや新しい自分の発見によって笑顔と幸せを手に入れた女性は数多く存在します。

占いは本来の自分を知ることになりますので、嫉妬をする自分について見つめなおす機会になりますよ。

電話占いですので、対面では話しにくい事や時間を気にせずに気になった時に利用することができますね。

あなたの嫉妬に悩む陰には、あなたさえも気付いていない何かがあるはずなのです。

その何かを見つけてもらうことで、これからの恋愛をよりハッピーに、彼に大事にしてもらえ相思相愛のカップルを目指していきましょう!

電話占いヴェルニについての詳しい情報や無料会員登録は下記をクリックして進んでくださいね。


【電話占いヴェルニ】会員&募集


一つでもコンプレックスをなくし、素敵な女性となり自信と輝きを取り戻しましょう!

投稿者: sakura

管理人の桜と申します。 様々な女性と出会ってきたことで、女性には多くのコンプレックスを抱えて生活をしている方がたくさんいることを学びました。 コンプレックスは女性の自信を失い、輝きをなくしてしまいます。 少しでもコンプレックス解消・軽減のお手伝いをさせていただきたいと思っております。

コメントを残す